9次産業化プロジェクト

CONCEPTコンセプト
ふるさと名物を世界へ、世界から日本のふるさとへ

9次産業化プロジェクト®とは、生産者と消費者の繋がりを強くする方策の一つです。私たちは、地域資源や地方経済の循環モデルの確立を目指して、全国の6次産業化の取り組みを支援してきました。すばらしい6次産品との出合いがあった一方、苦戦している6次産業化の事例も数多く見てきました。そうした中、6次産業化が成功するために必要なものは "もう一つの3次産業"であるという仮説にたどり着きました。マーケティングやブランディング、観光サービスなどが該当します。6次産業化は特産品を地域外に出すアウトバウンドの色が濃いものです。大切にしたいのは物語。私たちは、いまこそ6次産業化の原点にフォーカスすべきと考えています。6次産業化の流れを遡り、産地の歴史や生産者の信念を伝えながら販路開拓も支援していきます。そして、消費者が6次産品のふるさとを訪れるしくみを作ります。観光サービスはインバウンドにあたります。産地や生産者にふれることで、製品の新たな魅力や価値が見つかるはずです。

MISSIONミッション

地方ならではの特産品の価値をまずは地元に浸透させ、国内外での認知を高めていきます。
オンリーワンのモノを中心にマチやヒトをPR。各地のファンを増やすのが我々の使命です。

VISIONビジョン

海外を含む地域外への販路開拓を支援すると同時に、産地を中心とした体験企画を提案。
アウトバウンドとインバウンドの双方向で外需を取り込むしくみづくりを進めてまいります。